酒の失敗

ネタ・雑記

【閲覧注意】酒での失敗!飲みすぎて漏らした話

体調を考慮した飲酒をしましょう。

 

どうも、コズです!

皆さんは、お酒の失敗をしたことがあるでしょうか?

僕は、まだ20代前半ですが、いろいろとやらかしてきました。

お酒の失敗をして、学んでも、また別の失敗をしてしまいます。

 

さて、今回は、僕のお酒での失敗を通じて、皆さんに飲酒に関する注意喚起をしていこうと思います。

先にお伝えしておきますが、今回の記事は汚い内容が含まれているため

閲覧注意とさせていただきます。

汚い話が嫌いな人・お食事中の方は閲覧をお控えください。

それでは、本題に参ります。

 

 

結論:漏らした

記事は結論を先に書くように学んだので、こういう書き方をさせていただきました。

それでは、ことの経緯を追っていきましょう。

 

 

大学で覚えたある”技”

あれは、大学卒業を目前に控えた、4年生の冬の話だ。

大学4年生の冬は、いわゆる追いコンシーズンであり、連日のようにあちこちで飲み会が開かれていた。

自分もその時期は毎日のように飲んでおり、事件当日は体調が優れていなかった。

だが、大学生の飲みに対する執念はすさまじいものでその日も当然のように飲み会に参加した。

 

その日の飲み会は、自分が所属していた団体での飲み会だった。

2~4年生の30人弱だっただろうか。座敷で楽しく飲み会をしていた。

 

大学生になって学んだことの一つに、「きつくなったら戻す」ということがあった。

飲みすぎて気持ち悪くなってしまったら、早めにトイレへ行き自らリバースする。

この技が使えないと、調子に乗って飲みすぎてしまい、周りの人に迷惑をかける大惨事を引き起こしてしまう恐れがある。

僕は、それまで何度その技に助けられたのか分からない。

その日も、もちろんその技を使おうと考えていた。

 

 

悲劇は不意に・・・

すっかりみんな出来上がり、飲み会は大盛り上がり。

楽しそうに飲む奴、飲みすぎて訳わからなくなっている奴と様々だ。

 

自分はと言うと、少し気持ち悪くなり始め、そろそろあの技・リバースをしようと思い立っていた。

ふと自分の席から立ち上がり、トイレへと向かう。

「おい、コズ、大丈夫か??」

「全然大丈夫。ちょっとションベン行ってくる。」

そんな会話を友人と交わし、トイレへと入っていった。

 

(ここから汚い表現が入ります。ご注意ください。)

トイレに入ったらやることは一つ。そう、リバースだ。

おもむろに人差し指を喉に突っ込み、喉奥を刺激する。。

「オエッ」大きな声?は出たものの、肝心のリバースはせず。よし、もう一回・・・

「オエッ」出そうで出ない。くそ!何でだ!次こそ決める!!

「オエッ(ブビイッ)」・・・・・・・ムム??

嫌な予感がした。お尻がとても熱い

 

ふと、小学校低学年の頃を思い出した。あの日は風邪+腹痛のダブルパンチで大変な時だった。

学校の帰り道にドデカいくしゃみをしてしまい、その反動で我慢していたものが解き放たれたのだ。

そんなある日の自分と今の自分がぴったり重なった。

 

後処理

ふと我に返り、ズボンとパンツを下ろす。予想通りの状況だった。

その後は泣きそうになりながら、パンツをトイレットペーパーでゴシゴシ拭いた

外からノックをしてくる音がする。しかしそんなことに構ってはいられない。

 

拭いても拭いてもキリがなかったため、ズボンを上げ、何事もなく席に戻った。

「遅かったな。大丈夫か?」

「ああ、大丈夫。飲みすぎたみたいだわ。」

冷汗が止まらなかった。自分が座っている座布団に、心の中でそっと謝った。

 

やばいな、気付かれていないだろうか。

そのことばかりが頭を巡り、飲み会を楽しむことは出来なかった。

そんな自分をよそに、同期や後輩たちは、大いに盛り上がっている。

自分は、漏らしたことがバレないよう、しずかに座敷の隅っこに避難した。

なぜこんなことに・・・せっかくの楽しい飲み会が・・・

自分はすっかりブルーになってしまっていた。

 

飲み会が終わり、周りの奴らが二次会へ行こうと言い出した。

(・・・お尻がこんな状況なのに、行けるはずがないだろ・・・・!!!)

「ごめん。俺は明日朝早くから外せない用事があるからパスで。」

行きたかった!行きたかったさ!!こんなことにならなければっっっ!!

それも仕方ない。漏らしてしまったのだから。

 

騒いでる連中をよそに、一人家路についた。

今頃、奴らは楽しんでいるのだろうか。もしかしたら、臭いに気付いた奴らが俺の陰口を言っているのではないだろうか。

そう考えながら、ため息をついた。

白いため息は、悲しそうに空気へと消えていった。

 

 

ここから得られた教訓

本当に、悲しい経験をしました。

もう、二度とこのようなことがないように、そして、同じような人が今後現れないようにしていかなければなりません。

体調が悪い日にお酒を飲むと、いいことはありません。

同じような経験をした方もいるのではないでしょうか?

体調不良時の飲酒は絶対に控えた方がいいですが、どうしてもお酒を飲まなければいけないようなときは、自分の体調とよく相談をしながら適量を飲むようにしましょう。

 

今回は以上です!

それでは!

-ネタ・雑記

Copyright© 毎日コズ生活 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.