期間工求人

期間工あれこれ

【期間工体験記①】運命の出会い(応募から採用まで)

伝説の始まり

 

どうも、コズです!

 

2019年11月から2020年3月まで、僕はスバルの期間工として働いていました!

 

この期間工がなかなかいい思い出になりましてね!

 

最初は

期間工なんて怖すぎてやれたもんじゃねぇ!

って思ってたんですけど、終わってみるとなかなか楽しい思い出になりました。

 

めちゃくちゃ稼げましたしね!

 

てことで、今回は僕の期間工体験記を綴っていこうと思います!

長くなるので、数記事にして分けて投稿していこうと思うんで、オナシャス!

 

 

求人の発見

海上自衛隊を辞めて実家に帰って来た僕は、就活をしようと考えていた。

 

だけど、僕は大学時代の就活において公務員(海上自衛隊)になるための対策しかしてこなかったため、民間への就職活動の仕方が分からなかった。

 

新しく民間への就職活動をしていくよりも、ある程度知識と経験がある公務員試験で勝負をしようと思い、試験対策を始めた。

 

しかし、ここで問題が。

金がない。 シンプルにマジで金がない。

 

海上自衛隊幹部候補生学校はもちろん給料が支払われていたが、普通の新卒公務員と変わらない給料だったので、たいして貯金は出来なかった。

むしろ、制服代などでめちゃめちゃお金がかかっていたため、貯金をする余裕なんてなかった。

 

加えて、学生時代にア〇ムとプ〇ミスから借金をしてしまい、その額は40万。

(学生時代、就活でバイトが出来なかったから、その期間の生活費と就活費等で借りたらこんなに膨れ上がってしまった。)

 

実家だからお金のかからない生活は可能だったが、こんな年になってまで親に養ってもらうのは自分のプライドが許さなかった。

というより、学生時代に消費者金融から借金をしていたくらいなのだから、実家も経済的に余裕があるわけではない。

 

ちょっとお金を稼がないとな・・・

そう思いながらも、何もできない日々が続いていた。

 

そんな生活をしている中で、スーパーに置いてある求人のフリーペーパーを手に取った。

パラパラ見ていても、「これだ!」と思える求人がない。

(そんなことを言えるほどの余裕はないのだが)

 

ため息をついてフリーペーパーを閉じると、裏表紙にも求人が。そこには

スバルのエンブレムと「期間従業員募集」の文字が。

 

期間工求人

 

給料や待遇を見てみると、めちゃめちゃ給料が高い。

しかも寮費・光熱費無料。

 

ん?この求人すごくない??なんで??

 

それが期間工との出会いだった。

 

 

親の反対とリサーチ

僕「この求人みて。結構よくない??」

 

親「いやーコズ(僕)には向いてないでしょ。工場だよ?きついに決まってんじゃん!」

 

うーん、確かにそうか・・・

諦めようとも思ったが、さすがに給料と待遇が良すぎると思い、少し調べてみることに。

 

「期間工 きつい」

「期間工 仕事」

「期間工 給料」

「期間工 寮」

 

いろんな検索ワードで調べまくった。

検索するとだいたい期間工を紹介する人のブログが出てきたので、それを片っ端から読みまくった。

 

そうしているうちに、ある考えが浮かんできた。

 

 

あれ・・・?これ俺イケんじゃね・・???

 

そう思ってしまうのも無理はない。

調べると、仕事は最初はきつくても一ヶ月もあればすぐに慣れるようなことばかり書いてあった。

寮も個室だし、正直予想していたものとは大きく違っていた。

 

そのことを親に話すと、親はまだ心配し、反対していた。

 

僕も正直不安はまだあったけど、それ以上に「稼がないと」という気持ちが強くなっていたので、

 

「よし、とりあえず応募してみるか。ものは試しだ。」

と、勢いで応募した

 

 

派遣会社への応募・面接

ブログ記事によると、どうやら派遣会社を通して採用してもらうと高額な入社祝い金が支払われるということだったので、まずは派遣会社に登録した。

 

ちなみに派遣会社は



https://kikankou.jp/

↑の2つがよく使われているところです!

どっちが入社祝い金が高いかとかをしっかり見てみるといいですね!

 

しばらくすると派遣会社からメールが来て、面接の予約を入力することに。

 

 

面接の日が来たので、指定された時間に指定された場所へ。

(履歴書も作成して持参)

 

面接会場は小さな会議室のような場所だった。

入ると、いかにも仕事ができそうな女性が面接をしてくれた。

 

面接というよりは面談といった感じで、変に緊張したり力を入れたりする必要はなく、終始リラックスして話しをすることができた。

書類をいくつか書き、女性が僕の履歴書を見ながら適当に質問をしてきたので、僕もそれに適当に答えた。

 

「どこのメーカーで働きたいか」ということも聞かれたので、「スバル」と答えた。

特に理由はなく、「すぐ東京に遊びに行けるから」という安直な理由でそこに決めた。

あとは握力も調べられた。

 

その後は、メーカーとの面接や採用までの流れを一通り説明されて、面接は終わった。

最後にはラインを聞かれたので、

「おほwww意外と積極的www」

とか思っていたら、どうやら今後のアドバイスなどをラインでしてくれるとのこと。

僕は何を期待していたのか。

 

 

メーカーとの面接・採用

メーカへの面接は、自分で予約を取ってやってくれと言われたので、仕方なくそうすることに。

 

指定された持ち物(履歴書や紹介状)を持って、いざ面接へ。

 

※紹介状は、派遣会社との面接が終わった後に派遣会社が送ってくれました!

 

メーカーとの面接はちゃんとした感じでやるみたいだったので、その時はスーツを着て臨んだ。

 

面接する会場に入ると、優しそうな中年のおじさんが面接をしてくれた。

席についてから履歴書と紹介状を渡し、面接がスタート。

 

メーカーとの面接はちゃんとした感じだと聞いていたが、意外にもまったりと面接が行われた。

 

おじさんが履歴書を見て適当に質問をしてきたので、僕もそれに適当に応答。

まとめると、「わりかしきついけど大丈夫?」て感じの内容だった。

 

一通り話しが終わると、今度は何やらテストのようなものをさせられた。

簡単な計算問題と、簡単な漢字問題。

計算は誰でも解ける内容だったが、漢字問題でちょっとしたトラブルが。

 

「日」が付く感じを5つ書けというものだったが、3つほど書いたら手が止まってしまった。

「あるぇ!?あれれぇ!?」

声が出てしまった。

完全なるど忘れだ。

 

おじさん「あれww書けないの?www」

僕「あwwははwwさーせんwww」

 

おじさんが答えを教えてくれた。

 

こんなにユルユルでいいのかよ・・・

 

大卒のプライドがズタズタになってしまったが、ひとまず一件落着。

 

その後、なにやらおじさんがスバル期間工の仕事説明みたいなことを始めた。

ブログ等で見たことばかり話されたので、適当に相槌をして今夜の夕食に思いを馳せた。

 

仕事説明が終わると、今度は何か書類を書かされ、赴任日と前泊するホテルの場所を指示され、

「じゃ、群馬で待ってるからね!」

というおじさんの言葉で面接が終わった。

 

 

あれ?もう採用決まったん??

 

あっけにとられたまま、会場を後にした。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

とまぁ、こんな感じで採用が決まりました!

めちゃくちゃあっさり決まりましたね!

こんなんでいいのか?と不安になるレベル。

 

こっから赴任日までおよそ一ヶ月かかりました。

今考えたらめちゃめちゃ待たされましたね・・・

 

次回(投稿日未定)は、赴任、入社のあたりを書いていこうかと思います。

誰が見るかは分かりませんが、お楽しみに!

 

以上、コズでした!

それでは。

-期間工あれこれ

Copyright© 毎日コズ生活 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.