アブラサス薄い財布

レビュー

【キャッシュレス】アブラサスの「うすい財布」を3年以上使ったのでレビュー

財布は断然ポケットに入れる派!

 

どうも、コズです!

世の中は、どんどんキャッシュレス化が進んできていますね。

それと同時に、「財布の在り方」も大きく変化しつつあります。

 

「キャッシュレス時代に合った財布が欲しい」

「極限までかさばらない財布が欲しい」

「とはいえ、まだ小銭は持ち歩きたいよな・・・」

このようにお考えではありませんか?

 

僕は、アブラサスの薄い財布を2017年の3月から3年以上使い続けています。

3年以上の間、他の財布に浮気せず使い続けてきたこの財布のメリット・デメリットを紹介していきたいと思います

今、財布を買い替えようか悩んでいる方は、是非ご覧ください!

 

この記事で分かること

  • アブラサス「薄い財布」の基本的な機能
  • 3年間使って感じたメリット
  • 3年間使って感じたデメリット
  • こんな人におススメ出来ます

それでは、本題へ参りましょう!!

 

 

 

基本的な機能

アブラサス薄い財布

「薄さに特化した財布なんだから、機能面は全然でしょ・・・?」

そんなことはありませんよ!それなら3年も使ってません!!

 

でもそれはこの記事を読んでくださる方が判断することですよね。。

とりあえず、紹介していきます!!

 

僕は左利きですので、画像の財布は左利き用に作られたものです。右利き用の財布は、これが反転した作りとなっておりますので、あらかじめご了承のうえ、お読みください。

 

 

紙幣収納部

薄い財布紙幣

 

財布を開いたときに、お札の半分が見えるのがこの財布の大きな特徴。

財布を開いた際、長辺の片側が開くようになっているので、お札の出し入れも簡単にできます。

 

「でも、それってお札が落ちたりしないの??」

落ちないんです!少なくとも僕は一度も落としたことはありません。

お札の端を留めておいてくれる三角の小さいポケット部分が、落下防止の役割をしっかりと果たしてくれます

 

また、お札が見えない部分には、レシートや名刺などのちょっとしたものも入れておくことができます。

 

 

カード収納部

薄い財布全体

ここには、プラスチック製のカードをおよそ5枚程度重ねて収納出来ます

僕は、免許証・クレジットカード・キャッシュカード×2・Tポイントカードの5枚を入れています。

 

カードの取り出し口の反対側に、三角形の切れ込みが入っているため、重ねて入れても取り出しやすい作りになっています。

 

カードの枚数は5枚ほどしか入りませんが、逆にこれ以下にしてもカードが落ちてしまうので、きっちり5枚入れなければいけないという注意点もあります。

 

 

硬貨収納部

薄い財布硬貨

ここには、最大で15枚の硬貨を収納出来ます。

なぜ15枚なのかというと、999円入れた時の枚数が最小で15枚になるからです。

(500円玉×1・100円玉×4・50円玉×1・10円玉×4・5円玉×1・1円玉×4)

 

しっかりと計算しながらお金を出していけば、15枚を超えることはないので、これくらい入れば最低限は大丈夫ということでしょう。

 

 

サブポケット部

薄い財布ポケット

こんなところにも収納部分があるんです!

プラスチック製のカードですと、最大で3枚入りました。

(買ったばかりの時はキツキツで入らないかもしれませんが、使っていくうちに入るようになりますよ)

 

僕は、普段あまり使うことがない保険証とマイナンバーカードをここに収納しています。

ここにプリペイドカードを収納して財布ごとタッチするということもやっておりました。

中にはここに鍵を収納している人もいるようですが、多少取り出しにくい部分なので、鍵のような頻繁に取り出すものの収納は個人的にはおすすめできません

 

 

3年間使って感じたメリット

3年間も使い続けられたのは、メリットが大きいからです。

正直、これ以上に薄さと機能性を兼ね備えた財布が出るまでは、自分は乗り換えないと思いますね!

 

 

とにかく薄い!かさばらない!!

もうこれに尽きます圧倒的なメリットです。

自分はこれを使う前、二つ折り財布を使っていたのですが、かさばってしまって仕方がなかったです。

財布は断然ポケットに入れておく派の自分にとっては、このかさばるというデメリットを何とかしたくて仕方ありませんでした。

そこで見つけたのが、この財布です!

 

この財布はよくできていて、なるべく生地が重ならないように緻密な計算のうえで作られているので、ここまで機能性を損なうことなく、この薄さを実現できているのです。

ちなみに、この財布の厚さは大体ポケットティッシュ程度の厚さしかありません。

これなら、ジャケットの内ポケットに入れても、パンツの尻ポケットにいれても、見た目の悪さやポケットに入れている不快感を最小限に抑えることができます。

僕にとっては薄さは正義です!キャッシュレス化に伴い、財布の薄さというのは間違いなく重要な要素の一つになると思いますね!!

 

 

3年使ってもまだまだ使える!

「試しに使ってみて、ダメなら他を探そう・・・」

そう思いながら使い続けて、すでに3年以上が経過しました

いまだに目立った不具合は起きず、まだまだ現役で活躍してくれそうです!

 

縫合部が取れることもなければ、硬貨収納部のボタン部分も何の問題もなく使うことができています!

しいて言うなら、角の部分が少しすり減っているくらいでしょうか。

 

いい具合に革も伸び、自分の持ち物に合わせてフィットするように育ってきたとも言えます!

しっかり丁寧に作りこまれているということがよく分かりますね。

 

 

常に財布が整理された状態

これも地味にいい所ですね。

前の財布を使っているときは、貰ったレシートやクーポンなんかを入れっぱなしにしてしまい、財布の中が常にグチャグチャしていました。

こまめに整理すればよい話ですが、めんどくさがりな自分はついつい財布の中身が汚くなってしまいます。

周りを見ても、財布の中身がぐちゃぐちゃな人は結構います。

そんな財布を使っているところを見られると、「うわぁ・・・」って思われてしまいますよね

 

この財布に変えてからは、まずそこまで不要なものが入らないので、常に整理された状態を保つことができます

僕のように放っておくとすぐに財布の中身が汚くなってしまうような方は、こういった財布が合っているのかなと思いますよ!!

 

 

3年間使って感じたデメリット

メリットが大きいため長く使ってこれましたが、ここまで薄さに特化した財布ですと、もちろんデメリットもあります

僕が3年間使ってどうしても不便だと感じてしまったデメリットもありますので、財布の買い替えを検討している方はこちらを参考のうえ、慎重に検討してください。

 

 

小銭が多くなってしまったとき、どうしようもない

いくら小銭が999円分入ると言っても、やっぱり小銭がそれ以上になってしまうこともありました。

特に、僕は完全にキャッシュレスで支払うという感じではなく、現金で支払いすることも多いです。

しっかり払って計画通りにおつりが来れば問題はありませんが、たまに出すお金を間違ってしまうこともあります。(僕がバカなだけかもしれませんが・・・)

 

また、今は電子マネーで支払える自動販売機が増えてきましたが、まだ現金のみの自動販売機になりますと、おつりが全部100円玉で出てくるなんてこともあります

あとは友達と食事に行った際に割り勘した時などは、小銭が増える可能性が高い場面です。

「小銭持ちたくないから端数はいらないよ」なんて言って乗り切ってますが、正直損くさいですね。。。

このように予期せずたくさんの小銭が手元に来た時に、対応しきれなくなるのは最大のデメリットだと感じました。

 

加えて、小銭を入れるスペースが小さいので、財布を持ち始めたころはお釣りで渡された小銭を収納するのに少し手間取るのも微妙な点でしたね。

 

 

カードの収納

今はもうすっかり慣れましたが、この財布を持ち始めたころは、カードの断捨離に困りました

別にカードケースを作って持ち歩けばいいかもしれませんが、そうすればこの財布のかさばらないというメリットにおいては本末転倒になりますからね・・・

 

悩んだ結果、ポイントカードでは一番使う機会が多いTポイントカードだけを持ち歩き、その他のカードは自宅で保管、または捨てるという決断をしました。

ポイントを大事にしている方にとっては大きなデメリットかと思います。

 

また、この財布の特徴として、カード類は重ねていれるという点が挙げられます。

これの何がデメリットなのかというと、カードに傷・汚れがついてしまうのです。

自分はその点はあまり気にしないタイプなのでいいですが、気にするという方も多いかと思います。

よく考えれば、お店での会計の際に、ボロボロのカードを出すのは、恥ずかしい気もしますね。。

ただ、こういう作りにしないと財布はどんどん厚くなっていきますので、どっちを取るかという問題になりますね。

 

 

財布の認知度、ブランド力が弱い

財布は一種のファッション、ステータスにもなりますよね。

いい財布を持っていることで、周りの人にドヤ顔できたり、自分自身の気分を上げたりしてくれます。

 

ですが、この財布でそれはあまり期待できないです・・・

僕は、この財布を使う前はにカルバンクラインの二つ折り財布を使用しておりましたが、見た目のかっこよさで言えば圧倒的に前の財布です。アブラサスの財布はかっこいい財布とは言えません。(色の問題もあるかな・・・?)

「お、それアブラサスの財布??いいじゃん!!」

と言われることも確かにありましたが、それも3年間で2人にしか言われたことがありません。

 

でも考え方を変えれば、「珍しい形の財布」ではありますので、一応注目はされます!

それもいい意味で注目されているのかそうじゃないかは分かりませんがね・・・

キャッシュレス化に伴い、こういった薄さや小ささに重きを置いた財布が注目され始めると、それも変わるかもしれませんね!

ブランド物のマネークリップももちろんいいと思いますが、まずはこういった財布に慣れてから使ってみるというのもいいと思いますよ!

 

 

まとめ

ここまで、アブラサスの「薄い財布」のメリット・デメリットを紹介してきました。

 

それらを考慮すると、この財布はこんな人におススメ出来ます!

こんな人におススメ!

  • とにかく薄い財布を求めている人
  • カード・小銭も最小限持ち歩きたい人
  • キャッシュレスに合った財布を探している人

この記事でのメリット・デメリットを参考にしつつ、「自分が財布に求めていることは何か」ということをしっかりと考慮したうえで、財布の購入を検討してみてください!

 

以上、コズでした!

それでは。

-レビュー

Copyright© 毎日コズ生活 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.